. 1772年に最初のブドウ畑を購入したのが始まり . Veneto州のMASIが造る 1964年に造られたCampofiorin . 2017年4月にリリースされた 50周年を記念する2014年ヴィンテージ . 昔の醸造技術のリパッソ . アパッシメント(陰干し)して 水分を飛ばして極端に糖度が上がったブドウを発酵させて造るのがアマローネ . アパッシメントを行わずに一般的なワインの醸造方法で造られたこの土地のワインのヴァルポリチェッラ . ヴァルポリチェッラにこのアマローネを造った時のブドウの搾りかすを加えて再発酵させるのがリパッソ製法と言われ . この昔の技術を現代に復活させて造るこだわりのリパッソによるCampofiorin .
ダブルファーメンテーション(2重発酵)によって1964年に初めて造ったワインで
. はじめに3種類の土着品種を 75%は一次発酵させて . 残りの25%の 約6週間半乾燥させた陰干しブドウに注ぎ入れ二次発酵させてから マロラクティック発酵 .
その後オーク樽で最低18ヶ月熟成をさせた後 に3ヵ月の瓶内熟成 . MASIのAmaroneと全く同じセパージュで造られる
アマローネのセカンドとも言えるような アマローネを手軽に愉しめる様な コスパに優れたワインでした #ワイン#wine#vin#sommelier#伝える事#veneto#リパッソ#masi#campofiorin#伝統#美味しい#札幌#勉強#知識#ワインの物語
0 Comment Download

Users who like this media