願いも祈りも星の数 ・ ヨロズ国産木材 ・ まだまだ沢山の可能性を秘めた日本の木材。 それを引き出す、やおよろず。 ・ 手始めに紹介したいのは秩父産の「キハダサイダー」。 なんと木の皮から作ったサイダーなんです。 古くから胃腸薬や腹痛の妙薬として用いられているキハダは、いわば山のウコン。 スッキリ美味しく飲めて、二日酔い対策にもばっちりです♪ ・ それから、まな板や弁当箱から家具まで大小様々、丁寧にハンドクラフトした国産木製品をご紹介致します。 ・ 一口に国産木材と言ってもちょっと解りにくいかもしれませんね。 ・ 日本中たくさんある杉や檜木。 しかし、一般に流通される品に国産の木材を使った物は極めて少ないのが現状です。 その為、国内の山では林業の職が減り、それに従い、山間部の人口も減っています。 古来より、自然環境は、生物多様性と自然の物質循環を基礎とし、生態系が微妙な均衡を保つことによって成り立って来ました。 現在手付かずになった杉などから沢山の花粉が放出され、毎年の健康被害となっている事は周知の事実です。 ・ その対策として新薬を開発するよりも、 せっかく質の高い材なのですから、これを上手く利用しない手はありません。 ・ 東南アジアを中心とした輸入木材の方がコストを控えられたりという利点は勿論あります。 そうでなくとも集成材や合板などの新建材に頼り、ホルムアルデヒドによる喘息などの疾患になっても容認してしまってる現代人。 人気の「高気密住宅」などを例に取っても、本来の気候や風土に基づけば、気付くことは沢山あります。 自然にとっても、私達にとっても、それは本当にメリットと言えるでしょうか? それは「目に見えるものが見えてない」時代にあると言えます。 ・ 「無垢であること」「国産の木材であること」に拘った暮らしは、後の人類や全ての自然に影響する「ヨロズの考え」という事を是非見つめ直して貰いたい。 ・ 「ヤオヨロズの神」とは森羅万象に神の発現を認める古代日本の神観念を表す言葉です。 実際に目で見て、触れて、実感出来るのは、今も、これからの未来も、神を創造出来るかどうかは自身の中にあるということ。 アヲルフェス2018より、イチ押しのご紹介です♪ ・https://www.facebook.com/%E3%83%A8%E3%83%AD%E3%82%BA%E5%9B%BD%E7%94%A3%E6%9C%A8%E6%9D%90-932698203577711/ #ヨロズ国産木材#可能性#日本の木材#やおよろず#八百万#秩父#キハダサイダー#木の皮から作った#サイダー#胃腸薬#腹痛#妙薬#キハダ#ウコン#二日酔い#まな板#弁当箱#家具#ハンドクラフト#国産木製品#国産木材#杉#檜木#自然環境#花粉症#ホルムアルデヒド#喘息#高気密住宅#無垢#アヲルフェス
0 Comment Download

Users who like this media