Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

575 posts

214 followers

236 followings

着物 美味しいもの お酒全般 和事 伝統芸能 アート 美術館 カレー スパイス料理 好きなものを気ままに 🇯🇵

Photos and Videos posted by tyamazou

土曜日の晩酌 日本酒、それも燗酒メインで魚がイチオシのお店に初訪問 迷いながらも日本酒は三種 竹鶴、玉櫻、日置桜 アジのたたき ゴーヤのおひたし 鱧の天ぷら ネギ出汁 しらすの梅おろし和え お料理の写真はないけれど😅 和食の基本をきっちり修行されて来たのだろうなと思われる、坊主頭に作務衣に下駄履きの30代店主 お燗番は女性(奥様?)が淡々と 居酒屋の店構えだけれど、中は白木のカウンターに重目の椅子 カジュアルなBGMだけれど、店主の風貌も相まって、あれ、料理屋さん?と、ちょっと混乱 鱧の天ぷら ネギ出汁が絶品! 細切りの白葱が出汁を張った鱧の天ぷらにどっさり 歯触りも楽しく出汁も一緒に口の中へ 日置桜が強めの味わいだったので、予定通りに飲み終わらず しらすの梅おろし和えはあっさりさっぱり大根おろしが多めかなと思いきや、意外にしらすが多くて水分少なめ これまたお酒との組み合わせを間違えたなあ、と反省😔 次回訪問時は、丁度良い肴とお酒の量に出来るようにしたいなあ

祇園祭 今夜は宵山だけれど、暑さに気力が保たず既に帰宅💦 昼間にサクサクと四条室町をぶらぶら 長刀鉾 函谷鉾 菊水鉾 山伏山 鯉山 鯉山は後祭ゆえ、御座敷に鎮座 伝 左甚五郎作なのだとか ふむー 宵々山や宵山に、日暮れ時、街のあちこちで提灯に明かりが灯り、各山鉾の囃子方の子供たちが鉦を鳴らし篠笛を吹く様は、何とも言えぬ風情 何年も前に二度ほど味わった宵山の醍醐味は、翌日の巡行の感激よりも大きかったなあ

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

1 Day 8 Hours Ago

金曜の晩酌 翌日が日本酒だと分かっているので ワイン縛り 鰹のタタキがまた激ウマ 生の大蒜スライスまで臭みのない爽やかさ 穴子の一本揚げ 枝豆 マスター御厚意のひと口旨いもの色々 素敵な向付皿 ほぼ一日置きに来店されている常連さんがいるお店は、やはり居心地最高✨ 長居させて頂き、あれやこれや喋って呑んで、楽しかったなー😊

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

1 Day 23 Hours Ago

お風呂の後はビールがうまい🍺 今日も暑かったし、明日も暑いしね

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

1 Day 23 Hours Ago

城崎温泉♨️ 七ヶ所の外湯が楽しめると聞いたら そりゃあ行くよね ヒグラシの鳴き声を聞きながら 青葉を眺めつつ露天風呂 最高🧡

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

2 Days 11 Hours Ago

比叡山延暦寺詣 根本中堂は修繕中ゆえ写真なし 向かいに座す文殊堂がイチオシ! 菩薩の柔和で綺麗な御顔と脇侍たちの凛々しさ 当時の色を偲ばせるように、まだハッキリと残っていた ものすごく急な階段に冷汗をかいたけれど、此方は再訪必至の御堂 琵琶湖が綺麗だったなあ 行きはケーブルカー🚠 帰りはバス🚍 バスの方が、長く景色を楽しめて満喫 しかし京都はホント狭い道もバスが走っているよね

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

2 Days 11 Hours Ago

三井寺詣 境内の広いことと言ったら! 想像以上に立派な御寺 明治の頃、御寺の力を削ぎたかった政府が廃仏毀釈で強引に寺地を縮小したり配置転換をしたりしたのだと聞いたけれど、それくらい脅威な存在だったのね そういえば、たしかに平安から戦国時代にも、僧兵と呼ばれる御寺に所属する兵達が居たのだった 当時は都の近辺に庵を持つ僧たちも、自らに降りかかる災難を避けては通れなかった 自分たちの尊厳を犯すものには、力で対応して居たのだ 石山寺も比叡山も同様だったはず そうして隣合う寺同士の勢力争いも止まず、三井寺の座主は修法を行い、嫌がらせをした憎き延暦寺を呪いながら自死したのだとか 何という熱き血潮👹🔥🔥🔥 燃えすぎだよね…

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

2 Days 18 Hours Ago

石山寺詣 一千年余り前にかの紫式部が籠り 源氏物語を書き上げたという 滞在したその部屋は、貴人のみが立ち入りを許された場なのだとか 時の人道長の娘付きの女房であった紫式部がそれを許されたのは、道長の声がかりでもあったのだろうし、大ベストセラー作家であった式部に創作に集中させようという、目論見もあったのかな スポンサーであったであろう道長は、周りの人々にも評判の源氏物語の続きを、待ち望んでいたに違いない 本堂は、案外あっさりな感じ 当時のままではないのだろうけど、平安の昔から霊験あらかたで有名な御寺の名残をもう少しだけ感じさせて欲しかったなあ😅

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

4 Days 20 Hours Ago

U部長ありがとう! 接待頂き感激の滋賀の夜🍶

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

5 Days 19 Hours Ago

出張につき今夜は遠征カレー チキンチェテナード+ロティ 冷製プリンジャル マサラオムレツ 後でメニューを撮影しようと思っていたら、後から来店されたお客様の方へ黒板ごと移動されてしまったため、チェテナードチキン以外の正確なメニュー名は不明…😅面目無い💦 前菜で冷製プリンジャルを頂いたのは、久しぶりだなあ フェンネル?香る夏に相応しい爽やかさ✨ヨーグルトの酸味がまた合う合う オムレツは生のリーフがアクセント チェテナードチキンはチキンがゴロゴロ 食べやすい大きさがうれしいなあ もう少し食べたいなあと思わせてくれる、1人前でも丁度良いポーション こういうの、良いよね😊 謎の咳が止まらない病が長引いて、しばらくスパイス控えめにしていたから、久しぶりのスパイス注入💨 断カレー明けがタルカさんで、なんだかほっこり🌞✨🌞

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

7 Days 20 Hours Ago

誕生日の贈り物、つがいの千鳥の帯留 これに合う浴衣を探して巡り会えたのが、この一枚 ハッとして目が離せなくなったのだった あれはもう一昨年のこと 今年も出番が来てうれしいなあ 🌊🐦🌊

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

8 Days 10 Hours Ago

下町七夕まつり 1日目は控えめにしたので 2日目は14時前集合で17時過ぎまで満喫 ビール、レモンハイ、ビール、ワイン、ワイン ミニカレーと焼きそばと友人が行列に並んでくれたかっぱステーキが肴 その後は腰を落ち着けて飲もう、とガンケット ラ・シェーブルでワイン🍷 満喫満喫🧡

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

9 Days 7 Hours Ago

今年求めた浴衣を初おろし😊 大柄に散らされた蝶🦋の柄と絶妙な藍色 ちょっと可愛らし過ぎるかなあと思いつつも、博多帯でスキッと締めてみる

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

10 Days 5 Hours Ago

家ご飯 七田のおりがらみ ひとみワイナリーのAWA シュワシュワで乾杯 近所のお肉屋さんで切っておいてもらった肩ロースとバラで豚しゃぶ🐷 豆苗と豚肉だけのシンプル路線 出汁もなし、潔く菊水と水を半々にして、アルコールを飛ばしたら、いざ🥢 タレはごま油と塩、又はポン酢 ビタミンB摂取で夏バテ防止😄 肴もあっさりめ セロリとパクチーの塩炒め 春雨のマヨサラダ 茹で鶏の香味和え キャベツのゆかりゴマ和え 夏は酸味のあるものがより美味しく感じられるなあ😋

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

11 Days 4 Hours Ago

一年ぶりの敦煌 中華 名物ひとくち餃子 クラゲの和え物 イワシのペースト乗せバケット ズッキーニの辣油和え 冬瓜のスープ スペアリブ 生姜あんに蓬白玉 油にまみれたザ・中華も良いけれど このあっさり絶妙中華は唯一無二✨ 罪悪感ないのが怖いくらいに 箸はどんどん進むばかり🥢🥢🥢 皆の心配もこれまたいつも同じこと 調理担当のお父さんがどうかいつまでもお元気でおられますように🙏

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

11 Days 10 Hours Ago

「万引き家族」鑑賞 家族の定義ってなんだろう 肉親であるとかないとか 夫婦とか親子とか 籍が入っていても憎み合ったり 果ては刃傷沙汰になったり 子供のことは二の次になったり あるいは他の人を選んで去って行かれたり 血が繋がっていなくても、そこにあるのは愛情だったはずなのに ひとりひとりになった時に分かる 裏側に潜んでいた感情や事実 こんなことが続くわけはないんだよ と真実を突く祖母のひと言が深く刺さる

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

15 Days 10 Hours Ago

夏越の祓え 半年の穢れを祓い 皆で祝詞を唱えてリセット更新✨ 祝詞は韻を踏み 唱えていると不思議な力を感じるような気がして

Tomoko Yamashita
(@tyamazou)

15 Days 19 Hours Ago

「レディ・バード」鑑賞 サクラメントに生まれ育つと キリスト教精神に則っるのがスタンダードなのかな、とバックグラウンドが気になりつつ 都会過ぎず田舎過ぎず 暮らしやすそうな都市に住む、失業中の父と精神科医の母とバイト暮らしのパンキッシュな兄とその彼女と、高校3年生の主人公 色々背伸びしたり憧れたり理想と現実の違いを知ったり 早く大人になりたいけれど、まだまだ中身は子供で、ああ、こういうことあるよね、うんうん、あったよなあと心の中で頷く ストーリーはスタンダードなのだけど、それが退屈だと思わせる事もなく無理なくスッと此方の心に入って来るのは、良い映画だって証拠 うん、観て良かったなあ